相続・事業承継

会員様無料

会計事務所でも出来るM&Aアドバイザリービジネス

後継者がいない場合の解決策の一つとして、中小企業のM&Aニーズは増加傾向にあります。
ところが、中小M&Aを扱うプレイヤーの絶対数は依然として足りない状況です。結果、大手M&A仲介業者による寡占的状況= 手数料の高止まりが続いており、M&Aの敷居の高さにもつながっています。
今後、さらなる事業承継ニーズが発生することは必至であることから、税理士には中小M&Aのメインプレイヤーとしての役割が期待されています。本セミナーでは、M&Aにおける税理士の役割や実務のポイント、M&A事業の収益化に成功したモデルケースなどを詳しく解説します。

プログラム

1. M&A事業を取り巻く環境
  1. ● M&A案件の推移
  2. ● 事業承継問題
  3. ● M&Aサポートの現状
  4. ● 社長の相談相手
  5. ● M&A関連業務の報酬
2. 税理士事務所がM&Aのサポートを行う意義と優位性
  1. ● M&A業務を税理士が行う意義
  2. ● 税理士がM&Aを行う優位性
3. M&Aの全体の流れとプレーヤー
  1. ● M&Aの全体の流れ
  2. ● M&Aにかかわるプレイヤー
  3. ● 会計事務所ができるM&A業務
4. M&A業務に携わるうえで必要な知識
  1. ● アバイザリー業務(主な業務内容/基本合意書と最終売買契約書)
  2. ● デューデリジェンス業務(DDの本当の目的/DDの種類/売り手側にとってのDD)
  3. ● 株式評価業務(株式価値の評価手法/価値と価格との関係)
  4. ● M&Aストラクチャー
5. M&A業務を収益化するポイント
  1. ● 積極的にM&Aを展開している事務所の特徴
  2. ● 収益化するためのポイント
  3. ● M&Aニーズの把握
  4. ● M&A業務における最大の課題:マッチング力
講師

小木曽 正人 先生

小木曽公認会計士事務所 所長 公認会計士・税理士 小木曽 正人 先生

有限責任監査法人トーマツのM&A専門部隊でバイサイド、セルサイドに立った様々なM&Aのアドバイス、財務デューデリジェンス、企業価値評価業務に従事。約8年間で100件以上のM&Aを支援する。2012年12月、小木曽公認会計士事務所設立。株式会社ティアの社外役員も務める。著書に『事業承継・相続対策に役立つ 家族信託の活用事例』(清文社)などがある。

開催要項

日 程 2019/01/17(木) 13:30~15:30(受付開始13:00)
会 場 ビズアップ総研 セミナールーム
(東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター10F)
料 金 会員様・・・無料
会員様以外・・・3,240 円(税・テキスト代込)
お問い合わせ ㈱ビズアップ総研(担当:小西) TEL: 03-3569-0968

お申込み方法

受講料のお支払い方法
  • ・受講票に同封いたしました受講料請求書に記載の弊社口座にお振込み願います。
  • ・受講料のお振込みは、送付状に記載している期限日までにお願いいたします。
    なお、振込手数料は貴社にてご負担願います。
  • ・領収書は発行いたしませんので、「振込金受領書」を領収書としてご使用ください。
受講キャンセル
  • ・受講キャンセルの場合は、受講票同封の送付状に記載している期限日までに必ずご連絡ください。
    この場合、無料で受付させていただきます。
    ただし、それ以降のキャンセル、当日のご欠席の場合は、受講料のご返金はいたしかねます。
    (代理の方のご出席は受付けいたします。)
  • ・期限日以降にキャンセルされた場合、当セミナーを撮影・収録しましたDVDを無料でご提供いたします。
お願い事項
  • ・講義の録音・録画はご遠慮願います。

資料請求・お問い合わせ
はお気軽に

  • 03-3569-0968
  • 03-6215-9218
営業時間
平日9時~17時
土曜・日曜・祝日・年末年始は休業

資料請求・お問い合わせフォームへ

一般企業向け

金融機関向け

福祉関係者向け

医療関係者向け

サイト内検索

page top