相続事業承継

ケーススタディで学ぶ
   相続税申告・調査における最重要論点

ケーススタディで学ぶ 相続税申告・調査における最重要論点

ケーススタディで学ぶ 相続税申告・調査における最重要論点

相続税の税務調査が行われると約8割の方が申告漏れを指摘されています。その原因の多くは「名義預金・名義株」と呼ばれる財産の存在です。例えば、夫の給与収入を原資とした専業主婦名義の預金、親が子供のために積み立てた定期積金など、どの家庭にも考えられる論点です。
今回は、このような名義預金・名義株が、被相続人に帰属するのか、名義人に帰属するのかの判断基準を、ケーススタディを通じて検討し、実務(申告書を作成する、及び、税務調査時に対応する)を行う上で活用できるように意識して紹介します。

プログラム

①名義預金とは何か
②名義預金・名義株の判定基準
③ケーススタディ(名義預金・名義株)
  1. ・専業主婦名義の預金は相続財産か
  2. ・子供の知らない通帳の帰属
  3. ・原資が不明な子名義の定期預金の取扱い
  4. ・未成年名義の定期預金の取扱い
  5. ・契約者=妻の保険を被相続人が支払っている場合 など
④申告書作成に活かすための税務調査の知識
⑤ケーススタディ(生前引出)
  1. ・親族への資金移動が贈与か名義預金か
  2. ・扶養親族の生活費として費消されていれば問題ないか
  3. ・10年前の資金移動は時効で問題ないのか
  4. ・使途が不明な場合の取扱い
  5. ・相続人が着服している場合の取扱い など
⑥本当に知りたい生前引出チェックのQ&A
⑦申告書作成のための預金調査の方法
  1. ・相続人にどのようにヒアリングしたらよいのか
  2. ・通帳は何年分チェックしたらよいのか

開催要項

日 程 2017/7/24(月) 10:00~17:00(開場 9:30)
会 場 ビズアップ総研 セミナールーム(東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター10F)
料 金 エグゼクティブ会員様、プレミアム会員様、相続・事業承継研究会会員様・・・無料
Webセミナー会員様、その他研究会会員様・・・21,600円
会員様以外・・・32,400 円
お問い合わせ ㈱ビズアップ総研(担当:小西) TEL: 03-3569-0968

講師

風岡 範哉 先生

風岡範哉税理士事務所 所長/税理士/宅地建物取引士 風岡 範哉 先生

相続専門税理士事務所代表。これまで相続税申告に従事した案件は300件を超える。相続税実務において、特に判断が難しい、土地評価や名義性財産の判定、税務調査対応等に強みがある。『税務調査でそこが問われる!名義預金・名義株の税務判断』『グレーゾーンから考える 相続・贈与税の土地適正評価の実務』(いずれも清文社)など著書多数。

お申込み方法

受講料のお支払い方法
  • ・受講票に同封いたしました受講料請求書に記載の弊社口座にお振込み願います。
  • ・受講料のお振込みは、送付状に記載している期限日までにお願いいたします。
    なお、振込手数料は貴社にてご負担願います。
  • ・領収書は発行いたしませんので、「振込金受領書」を領収書としてご使用ください。
受講キャンセル
  • ・受講キャンセルの場合は、受講票同封の送付状に記載している期限日までに必ずご連絡ください。
    この場合、無料で受付させていただきます。
    ただし、それ以降のキャンセル、当日のご欠席の場合は、受講料のご返金はいたしかねます。
    (代理の方のご出席は受付けいたします。)
  • ・期限日以降にキャンセルされた場合、当セミナーを撮影・収録しましたDVDを無料でご提供いたします。
お願い事項
  • ・講義の録音・録画はご遠慮願います。

資料請求・お問い合わせ
はお気軽に

  • 03-3569-0968
  • 03-6215-9218
営業時間
平日9時~17時
土曜・日曜・祝日・年末年始は休業

資料請求・お問い合わせフォームへ

一般企業向け

金融機関向け

生保代理店向け

福祉関係者向け

医療関係者向け

サイト内検索

page top