法人定期保険「2月ショック」後の提案戦略 〜どんな保険商品を、どのように販売していくか?〜 / マイナンバー、相続、消費税のDVD | セミナーなどDVDのECサイト ビズアップ総研

  • カート
新着商品
法人定期保険「2月ショック」後の提案戦略 〜どんな保険商品を、どのように販売していくか?〜

商品コード: dvd_1987

法人定期保険「2月ショック」後の提案戦略 〜どんな保険商品を、どのように販売していくか?〜

講師:古賀 真人

販売価格(税込): 10,800円

視聴期間: 0

ポイント: 500 Pt

法人定期保険「2月ショック」後の提案戦略 〜どんな保険商品を、どのように販売していくか?〜 へのお問い合わせ
関連カテゴリ
セミナーDVD・動画 > 会計・税務 > 事務所経営
価格等の詳細
販売価格(税込):10,800 円
視聴期間:
ポイント:500 Pt
在庫数:多数あり

講師

株式会社ライフサポート 代表取締役 古賀 真人
大学卒業後、安田生命(現明治安田生命保険)に総合職として入社。保険の約款を熟読することで圧倒的な専門知識を身につけ、延べ1,200人を超える社長の節税、資金繰り改善をサポート。2011年に株式会社ライフサポートを設立。現在は、自身の試行錯誤から生まれた古賀流・6ステップセールスメソッドを用いて、年収2,000万円超の保険営業マンを増やすことに情熱を注いでいる。

収録時間

約100分

収録年月

2019年3月

この商品を携帯やスマートフォンで見る場合、QRコードを読み込んでください。

プログラム

1. 法人定期保険に関する国税指導の概要
 ● 国税庁の指摘内容
 ● 国税庁指摘の原因
 ● 金融庁指摘の原因
 ● 付加保険料
 ● 法人保険が国家財政に与える影響を考える
 ● 某外資系生命保険会社 実績資料から考える
 ● 法人向け生命保険の市場概況と市場規模
 ● 法人向け生命保険の販売形態別構成比

2. 保険業界と監督官庁のやりとりの歴史
 ● 事業保険と税務取り扱いのあらまし

3. 今後の保険提案のあるべき姿 〜これからの「フェニックス」はこれだ!〜
 ● これから必ず売れる2つのマーケットとその攻略法!
  ・ 「フェニックス」を探るにあたって
  ・ 中堅中小企業の攻略法
  ・ 相続対策
 ● 分類して把握すべき4つのクライアントタイプ!
  ・ 企業のステージを知るモノサシ
  ・ 自社株評価の特徴
  ・ 「土地保有特定会社」の対策
  ・ 退職金制度の意義と目的
  ・ F(フロー)型企業への提案
  ・ M&Aの基礎知識
  ・ 中堅企業のニーズを探る
  ・ 今後の保険提案

商品説明

<節税保険 突然の販売停止で業界激震!!
全損定期亡き後の保険販売戦略を検証>

今年2月14日、生保大手各社が全損定期保険の販売を急遽停止。無論、国税庁の顔色を伺っての急な対応でしたが、保険を売る側からすれば完全に“寝耳に水”。全損型の定期保険を主力商品としてきた保険代理店は少なくなく、「今後、何を売っていけばいいんだ」という恨み節も業界内から聞こえてきます。ただ、過ぎた時計の針を戻すことは不可能なので、前を向いて“全損定期抜き”の新たな稼ぎ方を模索しなければなりません。このDVDでは、「アフター2.14」における生命保険の販売戦略を検証していきます。

この商品を買った人はこんな商品も買っています

ご注文の流れ

ご注文

「カゴに入れる」ボタンをクリックすると「現在のカゴの中」に数量と金額が表示されますので「カゴの中を見る」ボタンをクリックしてください。

お客様情報

「購入手続きへ」ボタンをクリック後、会員登録がお済みの方はログインしてください。登録されていない方は、登録をお願いします。登録せずに購入することも可能です。

購入手続き

お届け先の指定やお支払い方法等をご入力いただきましたら、内容をご確認の上、ご注文完了ページへお進みください。当店より受付確認メールが自動配信されます。

入金

クレジットカード決済、コンビニ決済、Pay-easy決済からお選びいただき、入金をお願いいたします。当店で入金確認ができ次第、入金確認メールを配信いたします。

動画視聴 DVD発送

動画販売の場合は、MYページのコンテンツ視聴にて対象セミナーがご視聴いただけます。DVDの場合は発送準備を進め、発送が完了しましたら、メールでお知らせいたします。