社会福祉法人の新会計基準移行後の実務の再確認と決算に向けての留意点 / マイナンバー、相続、消費税のDVD | セミナーなどDVDのECサイト ビズアップ総研

  • カート
社会福祉法人の新会計基準移行後の実務の再確認と決算に向けての留意点

商品コード: dvd_549~web_549

社会福祉法人の新会計基準移行後の実務の再確認と決算に向けての留意点

講師:宮崎 栄一

販売価格(税込): 8,100~10,800円

視聴期間: 180

ポイント: 375~500 Pt

社会福祉法人の新会計基準移行後の実務の再確認と決算に向けての留意点 へのお問い合わせ
関連カテゴリ
セミナーDVD・動画 > 会計・税務 > 社福・介護ビジネス
セミナーDVD・動画 > 会計・税務 > 社福・介護ビジネス > 会計・税務
DVD
セミナー動画

講師

株式会社創明コンサルティング・ブレイン/代表取締役 公認会計士・税理士 宮崎 栄一
中央大学卒。大学在学時に、最年少で公認会計士2次試験に合格。監査法人トーマツに10年間勤務後、1998年に宮崎会計事務所を開業。2004年、創明コンサルティング・ブレイン設立。民事再生法での弁護士補助や、社会福祉法人会計基準等の分野で一目置かれる存在となる。著書に「未来決算書で会社は儲かる!」などがある。

対象

中堅職員

収録時間

163分

収録年月

2015年12月

この商品を携帯やスマートフォンで見る場合、QRコードを読み込んでください。

プログラム

1.新基準で導入された会計処理
・導入の背景と実務への影響
2.厳密なワンイヤールールの影響を受ける科目とは?
・長期借入金返済の推奨処理
・支払資金への影響
3.財務三表の整合性
4.リース取引の会計処理
・利息相当額の簡便法が適用できる「重要性の原則」の基準
・「契約ベースで300万円以下」の判定
5.退職給付の会計処理
6.在宅医療の強化とクリニックの改定ポイント
7.指針から導入された会計処理
8.会計の区分
9.基本金の改正
10.国庫補助金等特別積立金の改正
11.固定資産管理台帳について
12.引当金の改正について
13.紛らわしい勘定科目
14.注記記載例

商品説明

<新基準移行後の社会福祉法人においてミスの目立つ会計処理をスペシャリストが解説>
社会福祉法人においては、 概ね全法人が新会計基準への移行を完了していますが、その移行処理を誤っているケースが散見されます。また、移行後の会計処理は、移行前と異なる点も多く、さらなるミスが積み重なっていくことも心配されているところです。そこで、社会福祉法人をクライアントに持つ会計事務所が、移行後の実務を正しく指導するためのポイントを、社福会計に精通したスペシャリストが詳しく、具体的に解説します。

この商品を買った人はこんな商品も買っています

ご注文の流れ

ご注文

「カゴに入れる」ボタンをクリックすると「現在のカゴの中」に数量と金額が表示されますので「カゴの中を見る」ボタンをクリックしてください。

お客様情報

「購入手続きへ」ボタンをクリック後、会員登録がお済みの方はログインしてください。登録されていない方は、登録をお願いします。登録せずに購入することも可能です。

購入手続き

お届け先の指定やお支払い方法等をご入力いただきましたら、内容をご確認の上、ご注文完了ページへお進みください。当店より受付確認メールが自動配信されます。

入金

クレジットカード決済、コンビニ決済、Pay-easy決済からお選びいただき、入金をお願いいたします。当店で入金確認ができ次第、入金確認メールを配信いたします。

動画視聴 DVD発送

動画販売の場合は、MYページのコンテンツ視聴にて対象セミナーがご視聴いただけます。DVDの場合は発送準備を進め、発送が完了しましたら、メールでお知らせいたします。