組織再編コンサルタント養成講座2018

皆さまは適切な
回答ができますか?講座で実際に取り上げる
ケーススタディの一例

【具体例】

議決権株式100株及び議決権制限株式200株を発行している場合において、
議決権株式100株のみを保有し、議決権制限株式を保有していないときは、
発行済株式総数に占める割合が100分の50を超えていないことから、
完全支配関係及び支配関係は成立しません。
そのため、議決権制限株式を利用することにより、
税制適格要件を外したうえで、
グループ法人税制の適用も外すという租税回避が考えられます。
このような租税回避に対しては、
包括的租税回避防止規定が適用される可能性が考えられます。
それでは、どのような場合に包括的租税回避防止規定が適用され、
どのような場合に包括的租税回避防止規定が適用されないのでしょうか。

考えてみましょう。

お問い合わせはこちら

ページTOP